防犯全般 2022.02.28

女性がバッグを選ぶ時に気を付けたい注意点!

 2月もいよいよ終わり、明日からはもう3月に突入しますね!3月といえば卒業式や春休みなどがあり4月からの新生活の準備をいろいろ行う時期ではないでしょうか?準備の中でも新生活に向けて持ち物を買い替えるという方は多いと思います。そこで今回は通勤や通学で必需品となるバッグを選ぶ際などに気を付けてもらいたい点について紹介していきたいと思います!

バッグも防犯性を意識して選ぶ

 バッグを選ぶ基準としては、ほとんど毎日使うものですから自分の好きな色やデザインを重視して選びたいですよね。そんなバッグを選ぶ際には自分の好みはもちろん、防犯性も意識をした方がいいです。
 バッグにも防犯性を意識した方が良い点として、「すり」や「ひったくり」の被害者は女性が過半数以上を占めていることが大きな点です。警察庁のデータによると令和2年、2020年のひったくり総認知件数877件のうち、674件(76.9%)は被害者が女性です。また同じく令和2年のすり総認知件数1,422件のうち、723件(51%)は被害者が女性となっております。このように自分がいつ「すり」や「ひったくり」の被害者になるかわかりませんので、新たに鞄を選ぶ際は防犯性も意識しておくことが大切です!

引用:令和2年の刑法犯に関する統計資料

防犯性の高いバッグとはどんなもの?

 バッグを選ぶ際に防犯面を考えることが大切とわかったところで、防犯性を意識したバッグとはどのようなものなのでしょうか。

バッグはファスナーがついているタイプを選ぶ

 バッグから財布などの貴重品を抜き取られないようにするためには、開閉口にファスナーがついているものを選んでおくと安心です。ファスナーが付いていないものだと中身が見えてしまって財布の場所を簡単に把握されてしまいます。そして電車などの人混みの中だとすりをされてしまうことも容易です。しかしファスナーがついていると、すりをしようとする犯人も犯行がばれる可能性が高まるのに、わざわざファスナーを開けてまで盗ろうとはしませんよね?
また帆布性のトートバッグなどだと恐らくほとんどのものがファスナーが付いていないと思われます。そのようにファスナーがついていないバッグの時は自分でファスナーやボタンなどを取り付けたり、取り付けが難しい素材の鞄の時は荷物の上にハンカチなどをかぶせて中身が見えないような工夫をしておくと安心です。

バッグインバッグを使う

 バッグの整理整頓アイテムとして使っている方も多いバッグインバッグ!整理整頓アイテムとしてだけでなく、財布などの貴重品を収納するのに使うことで、バッグの中に何が入っているかわからなくなってさらに「すり」被害にも遭い辛くなるのでおすすめです。

鞄につけておくと安心なアイテム

 防犯性も意識して鞄を選んだ後は、さらに防犯性を高められるアイテムもつけておくとさらにいいですね!どんなアイテムをつけておくといいのでしょうか?

ファスナーの閉め忘れをお知らせしてくれる便利な鈴!

ファスナー閉め忘れ防止鈴 hiramake ペア鈴 ファスナー2つ用

 皆さんはバッグやリュックのファスナーを閉め忘れて、開けっ放しのまま外を歩いてしまっていた経験はありませんか?せっかくファスナーがついている鞄を選んでいても、閉めることを忘れてしまっていては意味がありませんよね。こちらの商品はもし開けっ放しになっていたら、鈴同士が離れていることで「大きな鈴の音」が鳴るので開けっ放しの状態になっていることを教えてくれます♪

ファスナーが1つしかないバッグの場合は、「ファスナー閉め忘れ防止鈴 hiramake ピタ鈴★ ファスナー1つ用」という商品もあるのでバッグごとに使い分けるといいですね。

意識の高さをアピール!防犯ブザー

 防犯ブザーは小さいころから防犯用品としてとても馴染みがありますよね。しかし小学生の頃はランドセルに着けていたけど、大人になってからは持たなくなったなぁという方も多いのではないでしょうか。しかし防犯ブザーは大きな音で周囲に危険を知らせたりするだけでなく、目につくところに付けているだけで「私は防犯意識が高いです」とアピールすることもできます。「すり」や「ひったくり」を行おうとする人は、捕まる可能性が高くならないように、犯行が失敗しそうな人は狙わないのがほとんどなので目につくバッグの外側に付けておくといいですね。また防犯意識のアピールだけでなく、最初に触れたようにいざという時には周囲に危険を知らせることにももちろん使えます!
防犯ブザーの使い方はこちらもチェック♪
防犯用品の代表!「防犯ブザー」の使い方

充電式 防犯ブザー L009

 こちらの商品は130dBというジェット機の離陸音やロックバンドの会場と同等の大きな音が鳴る防犯ブザーです!またブザーとしてだけでなく、ライト機能もついているのでちょっと足元を照らしたい時などにも役立ちます。また電池ではなく充電タイプというところもいいですね♪

まとめ

 新生活をより良いものにするためにも、自分で出来る防犯対策をしっかりと行っていきましょう!

護身・防犯の専門ショップボディーガードへ


このページの一番上に戻る