防犯対策 2021.01.29

在宅時の訪問者対応での注意事項

 新型コロナウイルスの感染拡大などにより、リモートワークを行う企業が増えてきておりますね。普通であれば出勤している時間に家にいると、今まで家を訪ねててる人たちが意外と多いなと感じている方も多いのではないでしょうか。また不特定多数の人との接触を減らすために、ネットショッピングや飲食の宅配サービスを使う頻度が増えたという方も多いですよね。しかし、家族の方たちと一緒に住んでおらず、女性の一人暮らしという場合、家を訪ねてくる人への注意を怠ってしまうと強盗などの被害に遭ってしまい大変危険です。今回は家へ訪問者が来た時の注意点などをご紹介!

扉を開ける前の注意事項

 来訪者を告げるチャイムが鳴ってから、それが誰かも確認せずに玄関のドアを開ける人はまずいないかと思います。しかし、誰が訪ねてきたのかの確認の他にもいろいろと気をつけておいた方がよいことがあるのは知っていますか?一体どんなことでしょうか。

ドアを開ける前にインターフォンを必ず確認

 一番大事なことはまず誰が訪ねてきているかの確認ですね。また確認も応答する前に画面をしっかり見ることが大切です。宅配業者であればある程度服装を見ることで判断が出来ますし、みるからに訪問販売の風貌である人などだった場合は、会話をせずに居留守を使うということも選択肢の一つです。しかし誰が来ているか確認をしたからといってインターフォンごしで話さずに、すぐに開錠をしないように用心しておきましょう!

部屋の中が見えないような工夫を

 マンションやアパートの場合、玄関のドアを開けるとすぐに部屋の様子が見えてしまうという構造の部屋もあったりしますよね。しかしその場合、部屋の中を見るだけで一人暮らしと悟られてしまうのはあまりよくありませんので、玄関と部屋の間にカーテンなどをつけるなどして、玄関から部屋の様子がみえないような工夫をしておくことがおすすめです。

ラフな服装になりすぎない

 自宅にいる時は過ごしていて楽な服装をする人がほとんど。しかし例えば夏場などTシャツ一枚で過ごしていても、そのままの恰好で対応してしまうと相手に隙があるように思わせてしまいますので、Tシャツの上から簡単に羽織れるようなものをいつも準備しておくと来客があった時に慌てずに済むのでいいですね。

居留守を使う

 人が訪ねてくると基本的に対応しないといけないと考えてしまう方もいるかもしれませんが、全く見覚えのない人が訪ねてきた場合、在宅中であっても居留守を使うことも対策の一つです。普段会うことのない管理会社の人などであっても、何か家を訪ねなければならない用事があれば前もって連絡をくれていることがほとんどでしょうし、たとえ突発的な事態であったとしても、不在であれば何らかのメモを残しておいてくれると思いますので、大事なことであれば後から折り返し連絡するのもいいと思います。

その他

 そのほかネットショッピングで何か頼んだ際は、予め配達時間や配達日時を指定していれば、宅配業者がいつ訪ねてくるか把握できます。その時間以外に宅配業者が荷物を届けに来たのであれば、インターフォン越しにどこから、または誰からの荷物なのか確認をしてから受け取るようにしましょう。昨今宅配業者を装って、強盗などを行う手口も出てきていますので、覚えのない荷物が送られてきた際には決して受け取らないようにしておくことが大切です!

扉を開けた時の注意事項

 扉を開ける前に注意事項を紹介しました。では次に扉を開けた時にはどのようなことに注意しておけばよいのでしょうか。

ドアチェーンをしたまま対応

 どういう人が訪ねてきているかしっかり確認をしていたとしても、インターフォン越しでは見えないところに、不審者が潜んでいる場合もないとは言い切れません。万が一のことを考えて、ドアを開ける際は必ずドアチェーンをかけたまま対応するようにしましょう。

引っ越しの際、どんな家を選ぶと安心?

 上記では玄関の扉を開ける前、開けた後の注意事項を紹介してきました。では最後にこれから一人暮らしを始める人にしっておいてもらいたい物件選びのポイントをいくつか紹介していきます。春になってくると新生活を始める人が増えてきますね。昨年の新社会人の人も一部の企業ではなかなか出勤することが出来ず、4月からもリモートワークだったという話もあります。ずっと家にいる場合でも安心な物件のポイントとはどのようなものがあるのでしょうか。

TVモニター付きインターフォンは必須!

 直接相手と話す前にどんな人が訪ねてきたのか確認が出来るインターフォンは無くてはならないものだと思います。近年新しく作られた建物には基本的に設置されているかとは思いますが、古いアパートだと、モニターがついていなかったり、そもそも設置されていなかったりする場合もありますので、事前にチェックしておくことが大切です。

宅配ボックスが備えられている

 近年利用者が増えてきている宅配ボックス。自宅にいない時でも荷物を受け取ることが出来るものですが、家にいる時でもインターフォン越しに宅配ボックスに荷物を入れておいてくださいと言えば、直接宅配業者の人と会わないでおけるので女性の防犯対策としてや、またコロナ禍で人との接触を控えることが出来るので注目されてきております。

まとめ

 一人暮らしではなく、実家暮らしの方でも家を訪ねてくる人の対応をしないといけない状況はあります。事件の被害者とならない為にも、普段から防犯意識をしっかり持っておくことが大切です!

護身・防犯の専門ショップボディーガードへ


このページの一番上に戻る