防犯対策 2020.12.25

女性の一人暮らし、ゴミ出しにも気を付けて!

 地域によってゴミの分別方法やゴミ出しの日などは決まっています。その地域のゴミの分別方法に従っていれば大丈夫と思っていませんか?ゴミは個人情報の宝庫です。個人情報が流出する恐れも十分にあります。今一度ゴミを出す前に確認しておきましょう。

個人情報が漏れてしまう原因とは?

 なぜゴミから個人情報が漏れてしまうのでしょうか。原因となるものを紹介していきます。

名前や住所が記載されているもの

 郵便物のあて名に自分の名前は記載されたままになっていませんか?ゴミから名前や詳しい住所などの個人情報が漏洩してしまう恐れがあります。また、宅配便等で届いた時のダンボールには宅配便の送り状が付いています。そのまま出してしまうと自分の名前や住所だけでなく、荷物を送ってくれた人の個人情報まで漏洩してしまう可能性があります。

レシート

 レシートはいつどこで何を買ったのかが明確に分かってしまいます。レシートを見ることで、大体いつもこの時間にこの場所で買い物をするという生活パターンが把握されてしまう可能性があります。また、何を買ったのかがわかるので何が好きなのか、趣味が何なのかも場合によっては把握されてしまう可能性があります。また、クレジットカード使用の明細や公共料金の支払いの書類などもそのまま出してしまうと個人情報として悪用されてしまう恐れがあります。

女物の洋服や下着

 女物の洋服や下着が入っているだけで女性が出したゴミということがすぐわかってしまいます。個人情報の漏洩だけでなく、ゴミを盗まれてしまう可能性や不審者やストーカーの標的になる可能性があります。

携帯電話やパソコンなどの電子機器

 携帯電話の買い替えで不要になったスマホやパソコンなども個人情報がたくさん入っています。安易にそのまま捨ててしまわないようにしましょう。

旅行のパンフレットやガイドブック

 旅行のパンフレットやガイドブックで家が留守の時期などを悟られてしまう可能性があります。

薬の入った袋や処方箋

 その時の健康状態やどの病院に行っているのかなどが漏れてしまう可能性があります。

個人情報が漏れてしまったらどんな被害に遭うの?

ストーカー被害・迷惑電話

 電話番号が漏れてしまうと嫌がらせの無言電話やストーカー被害に遭う可能性があります。また、レシートなどから生活パターンがばれてしまうとストーカー行為がさらにエスカレートしてしまう可能性があります。

振込詐欺等の電話

 レシートなどの購入履歴からお金を持っている等と判断されると振込詐欺やオレオレ詐欺の標的になる可能性があります。特にお年寄りは狙われやすいので気を付けましょう。

クレジットカードの不正利用

 クレジットカードを使用した際の明細にはカード番号や名義が書かれていることがあります。その書かれた情報が不正利用される可能性があります。

ダイレクトメールの送付

 郵便物や宅配便の送り状から住所が漏れてしまうと望まないダイレクトメールが届くようになる可能性があります。

空き巣被害

 旅行のパンフレットやガイドブックから、旅行などで不在になる期間が漏れてしまうと空き巣に入られる可能性があります。

個人情報を漏らさないためには

個人情報が記載されている部分を消す

 自分の個人情報が見えないように黒く塗りつぶしましょう。個人情報保護のスタンプを押しても良いでしょう。

シュレッダーにかける

 書類やレシート自体をシュレッダーにかけてしまいましょう。粉々にしてしまえば、そこから再度元に戻すのは不可能に近いです。個人情報が記載された部分をマーカーで塗りつぶし、さらシュレッダーにかければなお良いでしょう。最近は家庭用の小さなシュレッダーやハサミのような形のシュレッダーなど小さくて家庭に置いても邪魔にならないシュレッダーが沢山あります。

特定されそうなゴミが見えないようにする

 女物の洋服や下着などを捨てる際はゴミ袋から見えないようにいらない紙袋に入れて捨てるようにしましょう。分からないようにハサミやカッターで切ってしまっても良いでしょう。また、不要になった女性用下着を再生燃料などにリサイクルするために回収するキャンペーンや取り組みをしている下着メーカーもあります。そのようなところに回収してもらうと自分で捨てる手間も省けて良いかもしれません。

パソコンや携帯電話等の電子機器を捨てる際は専門の業者に頼む

 パソコンや携帯電話は初期化するだけではデータの完全削除はできていません。自分で出来るか不安な場合はパソコンや携帯ショップ、不用品回収業者などの専門の業者に依頼をしましょう。

ゴミ収集車がきたら捨てに行く

 ゴミ回収日の前の日の夜に出しておく人がいますが、これは危険です。夜中のうちに中身を物色されてしまう可能性があります。ゴミ収集車が来てから作業員の人に直接渡すようにすれば、誰かに中身を探られることなくゴミを捨てることが出来ます。

ゴミを物色されてしまったら

住んでいるマンションやアパートの管理会社に連絡する

 ゴミ捨て場を管理している管理会社や大家さんに相談をしましょう。防犯カメラを設置してもらったり、ゴミ捨て場の見回りをしてもらうことが出来るかもしれません。防犯カメラはゴミの物色抑止になり、また証拠として使うことが出来ます。

警察に相談する

 ゴミを物色されていることを警察に相談しましょう。周辺のパトロール強化をしてもらったりすることができます。ゴミ捨て場に防犯カメラがあった場合は映像から犯人を特定し、逮捕してもらえる可能性があります。

最後に

 ゴミ出しのルールを守るだけでなく、細かい個人情報の漏洩にも気を付ける必要がありますね。個人情報が漏れてしまった時は自分だけでなく、周りにの人にも被害が及ぶ可能性があるので気を付けましょう。

護身・防犯の専門ショップボディーガードへ


このページの一番上に戻る