防犯グッズ 2020.10.20

いざという時に持っておきたい!オススメ護身用品(防犯用品)3選

痴漢、盗撮、ひったくり、ストーカー・・・
女性が狙われやすい、被害に遭いやすい犯罪の種類や手口は様々です。
「女性が持つのにオススメの護身用品(防犯用品)は?」
といったご質問を頂く事も多いため、今回はいざという時に備えて持っておきたい、女性にオススメな護身用品(防犯用品)を改めてご紹介してみたいと思います。
是非購入の参考にしてみてくださいね。

いざという時に持っておきたい護身用品(防犯用品)3選!

防犯ブザー(防犯アラーム)


防犯用品ときいて真っ先に思いつくのが防犯ブザー(防犯アラーム)ではないでしょうか。

  • 付属しているピンやストラップを抜くor引っ張る
  • スイッチを押す
  • といった簡単な操作で大音量のブザーを鳴らせるので、お子様やお年寄りの方でも扱い易いアイテムです。
    音の大きさは「db(デシベル」という単位で表記されます。
    防犯ブザーの多くは「きわめてうるさい」に区分される85db~90db前後で設定されていますが、中には100dbを超えるモデルもあります。
    叫びたいけど恐怖心で体が固まって叫びたくても声が出ない・・・といった場合でも、防犯ブザーであればピンやストラップを引っ張るだけ。
    バッグ等にあらかじめ着けておき、いざという時には躊躇わず使用しましょう!

    フラッシュライト(タクティカルライト)


    暗い夜道を一人で歩かなければならない時等に持っていると安心なのがフラッシュライト(タクティカルライトとも呼んだりします)。
    家庭用のハンディライト等に比べて非常に明るく強烈な光を放つ事ができるのが特徴です。
    ですが『いくら明るいと言ってもライトで防犯や護身になるの?』と思うかもしれませんね。
    フラッシュライトを使う事の効果として

    • ライトを点けて歩く事による「周囲を警戒している」アピール
    • 明るいライトであればある程広範囲を照らせるので不審者の素早い視認
    • 光量による目くらまし

    等が期待できます。
    特に高い目くらまし効果はフラッシュライトの特徴で、光を浴びせるだけで暴漢や不審者の視界を奪う事ができます。
    外見も一般的な懐中電灯よりスタイリッシュなデザインが多く、小型のものだとリップスティック程度の大きさの物もあるのでかさばらず持てるのもメリットです。

    催涙スプレー(防犯スプレー)


    女性向け護身用品といったらコレ!・・・なイメージを抱く方も多いかもしれない催涙スプレー(防犯スプレーと呼ぶことも)。
    唐辛子由来の刺激成分を相手に噴射する護身用品ですね。
    女性の力でも簡単に扱えて高い効果を期待できる護身用品ではありますが、

      ・刺激成分は水鉄砲の様に飛ぶ(霧状に広がらない)
      ・相手に真っすぐ向けて親指でノズルを押し込む(殺虫スプレーの様に人差し指でノズルを押さない)

といった製品の特徴や使用上の注意点をあらかじめ把握しておく必要はあります。
サイズや形状等様々なものが発売されていますが、
小型のものは携帯しやすいので夜道を歩く際等はあらかじめ手に持っておく、取り出しやすい場所に入れておく等いざという時にすぐ使える様に備えておくと良いでしょう。

複数持ちもオススメ

今回紹介した護身用品(防犯用品)はいずれも特別な操作等が不要で扱い易いものばかりです。
また小型で軽いアイテムも多いので、バッグの見えるところに防犯ブザーを付けておきフラッシュライトや催涙スプレーはポーチや内ポケットに入れておく・・・
といった複数持ちもオススメです。
護身用品、防犯用品を常に持っておく事は防犯意識を高めるための第一歩でもあります。
また最近は性能だけでなく、デザイン性にも優れた商品も増えてきているようです。
自分に合ったアイテムでいざという時のためにしっかり備えましょうね。
護身・防犯の専門ショップボディーガードへ


このページの一番上に戻る