防犯対策 2020.02.14

ネットショッピングをよく利用する方必見!パスワードの管理方法や作り方

 スマートフォンやネットショッピングサイトなど日常生活で必ず設定の場面に遭遇するパスワード。またいろいろなサイトで買い物をしているとその分だけ設定しないといけないパスワードの数も増えてきてしまいます。今回は注意しておきたいパスワードの設定方法や管理方法についてご紹介!

パスワードを設定する時の注意点

 パスワードにも数字4桁だったり、数字とアルファベットを複合させて8文字以上だったりと様々な種類がありますよね。数年前までは4文字や6文字以上でよかったのが、近年では不正ログイン対策などで8文字以上となっているところが多いように思います。文字数が多くなるとその分パスワードを考えるのも大変になりますが、どんなことに気をつければよいのでしょうか。

パスワードは使い回さない

 いろいろな種類のサイトでネットショッピングをしていたりすると、そのサイトごとにパスワードの設定をしなければなりませんので数種類のパスワードを考える必要がでてきます。しかしサイトごとに考えるのが面倒で、同じものを使い回しているという方も多いのではないでしょうか。しかし同じパスワードを複数のサイトで使うと、1つのサイトで発生した個人情報流出などによって、他のサイトにも不正ログインをされる原因となってしまうため大変危険です。さらに不正ログインをされたサイトでクレジットカードの情報を登録しているとクレジットカードの不正利用被害にもつながってきます。面倒に思ったとしてもサイトごとにパスワードを考えることが大切です!

自分や家族の誕生日などの数字・文字は使用しない

 上記の通り、パスワードをサイトごとに設定しておくことは大切ですが、覚えやすいからとそのパスワードを自分や家族の誕生日や名前の語呂合わせにしていませんか?自分が覚えやすいパスワードはそのパスワードを盗んで不正利用しようと考えている相手にとっても特定しやすいものとも考えられます。せっかくサイトごとにパスワードを考えていたとしても、特定されやすければ意味を成さなくなってきますので、覚えにくくても自分や家族の誕生日などでない数字や文字列にしておくと安心ですね。

パスワードの管理方法

 いろいろなパスワードを使用していると、どのサイトでどのパスワードを設定しているか分からなくなってしまいますよね。そういう時はスマートフォンのパスワード管理アプリを使ったり、手帳にメモをしていると安心です。そういったものにメモをするときはサイト名やパスワードを全てメモしておくとそれを盗まれた時などが危険ですので、自分があとから振り返った時にすぐに思い出せるようなヒントなどを書くようにしておくといいかもしれませんね。そしてメモ帳の場合はパスワードを書いたメモ帳を置きっぱなしにしないようにしたり、アプリで管理する場合がそのアプリが信用性があるものかどうかちゃんと確認をするなどしておくことが大切です。またパスワードをメモした手帳やアプリが入ったスマートフォンを外出先などで落としてしまった時のために、家にも同じ内容のメモを残しておくとさらに安心です!

パスワードの作り方

 自分の誕生日などを使用しないで数字や文字列を使ったパスワードを考えるのは思ったよりも難しいですよね。そこで、特定されにくいパスワードの作り方をいくつか紹介したいと思います!

自分が覚えやすい単語を組み合わせる

 例えば自分の好きなものいくつかローマ字表記にしてみると、一見ただのアルファベットの羅列のように見えますよね?

例:紅茶+おにぎり+秋+睡眠

koutya+onigiri+aki+suimin

koutyaonigiriakisuimin

一見すぐに推測されてしまいそうにも思えますが、単語を多く使用すればその分長くもなりますし、順番も何パターンか出てきますので特定されてにくいパスワード作成方法です。

好きな文章を作って、その文章の頭文字を繋ぎ合わせる

 単語の組み合わせと同じ感じではありますが、こちらも一見何の意味もないアルファベットが並んでいるように見えて効果的かもしれません!例としては、「私は季節の中では秋が好きです」をローマ字で書くと、「watashi ha kisetsu no naka deha aki ga suki desu」となり、それぞれの頭文字をとると「whknndagsd」というように普通に読んだだけでは意味がわかりませんよね?上記では2つともローマ字表記としましたが、英語にしてもいいかもしれませんね。

 こういった方法でパスワードを設定すればパターンを考えるのもあまり大変ではなくなりますのでサイトごとに作成しやすいのではないでしょうか。また覚えておくためにメモをする際は単語をそのまま書くのではなく、どんなものにしたか思い出せるようなヒントをメモするようにしておきましょう!

まとめ

 今ではインターネットショッピングは多くの人が利用しており、近年個人情報流出の事件なども増えてきています。万が一自分が被害に遭ってしまっても、対策として日頃少し手間をかけておくだけで、被害を最小限に抑えられると思いますので面倒に感じたとしてもしっかり対策をしていきましょう!

護身・防犯の専門ショップボディーガードへ


このページの一番上に戻る