防犯全般 2019.09.30

盗聴されていませんか?部屋の中に潜む盗聴の危険

 「盗聴」とはプライベートな情報や企業の機密情報などを盗み聞きする行為のことです。
電話やコンセントに盗聴器を取り付けたり、ぬいぐるみに盗聴器入れて盗聴したりと様々な方法があります。

盗聴は罪に問われないってホント?

 自分の生活音や会話を誰かに聞かれていると考えただけでゾッとしますが、現在の日本では「盗聴波の傍受」だけでは罪に問うことはできません。
 どこまでが良くてどこからがダメなんでしょうか。

盗聴器を購入したら犯罪になるの?

 盗聴器を購入しただけでは罪にとわれることはありません。盗聴器を犯罪目的で購入していたとしても、買っただけでは罪に問うことはできません。

浮気調査の為に自分の家や車に仕掛けるのは犯罪?

 盗聴器を自分の家や自分名義の車、もしくは共同名義の車に仕掛けることは犯罪ではありません。車に仕掛けていた盗聴器から得た情報を元に、浮気や不倫調査を行うこともできます。

間違って傍受してしまった!これも犯罪?

 自分が意図せずに盗聴器の電波拾ってを傍受してしまったという場合もあるかもしれません。傍受してしまっただけでは罪に問われることはありません。

盗聴はどこから罪に問われるの?

 では、盗聴はどこから罪に問われるのでしょうか。

勝手に他人の家に侵入して盗聴器を設置する

 盗聴器を自分の家ではなく、他人の住居に侵入して設置した場合は住居不法侵入に問われる場合があります。
 犯罪行為を暴くための盗聴であったとしても、罪に問われる可能性は十分にあります。

ストーカー行為をする

 盗聴したプライベートな情報を元に相手の後をつけたりなどのストーカー行為をすると「ストーカー規制法」に基づいて罪に問われます。また、ストーカー行為の延長戦として盗聴をした場合も罪に問われます。

盗聴した内容を他人に話す

 盗聴した内容を他人に話してしまった場合、電波法に基づいて罪に問われる場合があります。

盗聴した相手を脅す

 盗聴した内容を使って相手を脅すと「恐喝」とみなされ、罪に問われる場合があります。例えば、家庭内での浮気調査で盗聴器を使い、不貞行為がわかったところで相手に金銭の要求をしたり、感情的になって脅したりすると「恐喝」になる恐れがあります。

盗聴器があるかもしれない!どうすれば良い?

 盗聴器が仕掛けられているかもしれないという疑惑を抱えながら、日々の生活を送るのはとても不安ですよね。盗聴器があるかもしれないと感じた時、また盗聴器を仕掛けられないためにはどうしたらよいのでしょう。

知らない荷物やプレゼントは受け取らない

 盗聴器はぬいぐるみや小物などに仕掛けられている可能性があります。送り主がわからない送付物や、知らない人からのプレゼントは受け取らないようにしましょう。

整理整頓片付けをする

 見覚えのないものが部屋にある時はすぐに捨てましょう。こまめに掃除をして何がどこにあるのか把握することで、掃除をしたときに見覚えのないものがあるとすぐ気づくことができます。

合鍵を作り過ぎない

 むやみに合鍵を作り、人に渡すのはやめましょう。合鍵を作る場合は管理をしっかりとして、不用意に人を部屋に入れないようにしましょう。

アナログ式のコードレス電話には注意!

 アナログ式のコードレス電話は市販の受信機を持っていれば、親機とコードレスホン子機の間の無線信号から簡単に傍受できてしまいます。アナログ式を使っていて、盗聴されているおそれがある人はデジタル式に変えた方が良いでしょう。

盗聴器発見器を使う

 盗聴器があると感じたら発見器をつかうのも良いでしょう。もし、盗聴器が見つかった場合は信頼できる人や警察に相談しましょう。

↑盗聴器、隠しカメラ発見器 CC308+

不安を感じたらすぐに相談を!

 盗聴されているかもしれない、と不安を感じたら盗聴される原因を考えましょう。最近、身の回りで揉め事がなかったか、恋愛関係のもつれやストーカーなど原因になりうる出来事があった場合、それが盗聴の原因かもしれません。信頼できる人や警察に相談するようにしましょう。

護身・防犯の専門ショップボディーガードへ


このページの一番上に戻る