防犯対策 2019.04.24

GWの海外旅行を楽しむために知っておきたい防犯対策事項

 いよいよゴールデンウィークが目前となってきましたね!今年は10連休ということで、普段だと国内旅行まででとどめている人も、せっかくだからと海外まで足を延ばすという方も多いと思います。初めて海外旅行に行くという方も、何度か行ったことがあるという方も旅行前に旅先での注意点などを確認しておくことが大切ですね。今回は海外旅行での注意点を紹介していきたいと思います!

旅行中の犯罪被害

 国内旅行では治安が良いため、あまり犯罪被害に遭うなどと考えている方が多いと思いますが、海外旅行は勝手が全く違うため、何かしらの被害に遭うという方が多いのが現状です。ではどんな被害があるのか見ていきたいと思います。

置き引き

 日本ではあまり聞かないものですが、実は日本人観光客が被害にあう確率が高いのが置き引きです。狙われる場所としては、空港やホテルでのチェックインやチェックアウト中に狙われやすいです。国内の感覚では、手続き中に少し荷物から目を離していても荷物が無事の確率が高いので意識が向かない方もいるとは思いますが、ほんのわずかな時間でも荷物を置き引きされる可能性が高いので、注意が必要です。また今の時代ですと、スマートフォンで少し調べ物をして荷物から目を離すということが多いとは思いますので荷物は出来るだけ自分の身体から離さないようにしましょう。

スリ

 スリはメジャーな犯罪ですし、自分の荷物が触られてたらさすがに気づくだろうと考えている方も多いと思いますが、海外の手口で多いのが2人組で行うもので、1人が何か質問をするような感じで話しかけ、その会話に気を取られている間にもう1人が財布などの貴重品を盗んでいくという手口です。もし旅行先で見知らぬ人に話しかけられた際は自分の周りを気にかけ、手荷物も目の届く範囲に持つようにしましょう。

ひったくり

 ひったくり犯によく狙われる場所としては、観光地やショッピングモールなどはもちろんのこと、電車やバスなどの入り口付近でも起こることがあります。電車やバスの入り口付近に立っていた場合、ドアが閉まる直前に荷物をひったくり、そのまま犯人は降りて走り去ってしまうというものです。しかしもしひったくり被害に遭ったとしても自分で犯人を追いかけることは危険です。ひったくりの場合は、置き引きなどと違い強引に相手から盗んで逃げるという悪質なものですので、もし追いかけてきたときを想定して、ナイフなどを隠し持っているということも考えられますのでヘタに追いかけたりなどせずに、犯人の特徴を覚えるなどにとどめる様にしておきましょう。

旅行中に要注意な点

 では次に上記などの犯罪被害に遭わないためにはどのような対策をしておけなよいのでしょうか。

上着を椅子に掛けない

 レストランなどに行った際、袖が汚れないようになどするために上着を椅子に掛けておく方も多いと思います。しかしその状態ですとポケットに入っているものを盗られてしまう可能性があるため、上着を椅子に掛ける際はポケットに財布などの貴重品を入れないように注意しておきましょう。

高価なものは身に着けない

 普段から着けている時計やアクセサリーなど日本では特に目立たないものでも、海外ではスリなどに狙われやすくなる可能性が高くなります。「いつも身に着けているから大丈夫」とは考えずに、旅行に行くときは盗られてもいいような腕時計などを身に着けていくなどの対策をしておくと安心です。

上を見上げる時、下に置いている荷物に注意

 旅行に行った際、観光名所を巡っているとやはり高い建造物などが多いですので、どうしても上の方を見上げることが多いですよね。しかしその時に手荷物を地面に置いておくことは要注意です。大人が自分の下でかがんでいると気づくという方は多いかもしれませんが、その場合でも荷物がすでに犯人の手に渡っていると走って逃げられては追いつくことは難しいですし、また犯人が子どもという場合も考えられますので自分の視野に入っておらず、気づいた時には荷物がなくなっているということもありますので、高い建造物などを見るときはカバンをショルダーのものにするなどの対策をしておくと安心ですね。

人気のない場所には近づかない

 普段から気をつけているという方が多いとは思いますが、今までに行ったことがないところに行くと土地勘がないため、自分では行くつもりがなくても迷い込んでしまうということがあると思います。それが国内なら言葉が通じるため道を尋ねることも出来ますが、海外ですと言葉が上手く通じず、なかなか元の道に戻ることも難しいですので、しっかり周囲に気を配りながら歩くようにしましょう。また夜暗くなってから出歩くことも控えておきましょう。夜はどんなに周りに気を配っていても、周囲の状況が分かりづらいですし、もし襲われたりなどした際に路地裏などに連れ込まれてしまっては近くにいる人にも気づいてもらいにくいですので、朝早くから外出し、夜暗くなる前にはホテルに帰るなどの対策をしておくと安心です。

まとめ

 10連休というせっかくの大型連休を楽しく過ごすためにも、今までも旅行ではあまり気をつけていなかったところもしっかり対策しておきましょう!

護身・防犯の専門ショップボディーガードへ


このページの一番上に戻る