防犯対策 2018.06.01

梅雨の時期だからこそ、気をつけておきたい防犯対策とは

 5月も終わりいよいよ6月に入りますね。6月といえば日本は多くの地域で梅雨入りとなり、雨の日が続いてスッキリとした気分になれない日が多いと思います。そしてそんな雨が続く梅雨の時期だからこそ、気をつけておかなければならない防犯対策事項があるのはみなさんご存知ですか?今回は雨の時に知っておきたい自宅や外出時の防犯対策事項を紹介していきます!

外出時の対策事項

 雨の日は荷物が濡れないように傘をさすことに気を取られり、車が通った時に水をかけられないかどうかに注意を払ったりと、晴れの日に外を歩く時よりも気にかかることが多いですね。しかし雨の日だからこそ、外出先で注意しておきたいことがあります。

傘をあまり後ろ寄りで差さない

 雨の日にリュックなどを背負っていると、リュックが濡れないように傘を後ろ寄りで差してしまうという方が多いと思います。また、傘をまっすぐに立てて持つと疲れるからと後ろ寄りで差してしまうという場合もありますね。しかし、傘をまっすぐ立てて持っていないと背後の状況などがよく分からなくなり、後ろから誰かが近づいて来たりしても気づくことが遅れますし、また音も聞き取りずらくなり車が後ろから来ても気づきにくくなってしまいます。そうなってしまいますと、もし不審者に遭遇した時などに対応が遅れるという事態になりかねませんので、リュックが濡れないかどうしても気にしてしまうという方は、肩掛けタイプのカバンを雨の日は使うなどの工夫をして、傘をまっすぐ持って差すようにしましょう。

後ろからくる自転車などに注意

 晴れの日ですと、後ろからバイクや自転車が近づいて来たら音がしっかり聞こえてきますが、雨の日だと雨の音に遮られてよく聞こえなくなってしまいます。そういう時はひったくりなどの被害に遭ってしまう確率が上がりますのでカバンは車道側の方で持たないなどの対策をしておきましょう。

近道などは出来るだけ控える

 晴れている日でも近道として普段通らない道などを通ることは危険ですが、雨の日だとさらに危険です。出来るだけ早く帰りたいところですが、普段通らないため人が潜んでいそうなところなどもよく分からないと思いますし、雨で視界も悪いため周りの状況も判別しづらいです。またもし不審者に襲われて逃げることになった場合、足元の状況が悪くて逃げることが難しいです。雨だからと普段はしない行動などせずに、危険の少ない明るい道などを通るようにしましょう。

家での防犯対策事項

 家の中は雨が降らないし、特に注意しておくことはないと考えてはいませんか?実は空き巣などは雨の日こそ最適だと言われているのです。それは傘で自分の顔などを隠すことが出来たり、また周りの人も傘を差しているので人の顔まではちゃんと見ないといった理由があるからです。では空き巣などの被害に遭わないためにはどんなことに気をつけておけばいいでしょうか。

窓ガラスには防犯フィルム

 空き巣などが特に注意していることはあまり音を立てないことだと思います。しかし雨が降っている日は音が雨によって消されてしまうので気にすることなく侵入などが出来てしまいます。そして、窓ガラスなどを破っての侵入の場合でも同様にガラスが割れた音も消えてしまうので、侵入には最適です。そのためあらかじめ窓ガラスには防犯フィルムを貼っておきましょう。そうしておけば、侵入されそうになったとしてもガラスを破るのに時間がかかってしまい空き巣なども犯行を諦める可能性は非常に高くなります。
これは雨の日だけに限らず、晴れの日でも役立ちます!

玄関の扉や窓には補助錠などを設置

 窓ガラスに防犯フィルムを貼るということと似ていますが、窓などに補助錠やアラームなどを設置しておけば侵入しようとした空き巣が「この家は防犯意識が高そうだから、犯行は危険である」と感じたり、侵入に時間がかかってしまい犯行を諦める可能性が防犯フィルムと同様に非常に高くなると思います。ですので、外からみて見える位置などに補助錠やアラームを設置しておきましょう。

防犯アイテム

 次は上記で紹介してきた状況などで使える防犯商品をご紹介したいと思います!

ガラス破り防止シート


 ガラス破りを防ぐための防犯フィルムです。このフィルムを貼ることによってガラスが割れにくくなり、侵入を難しくさせる効果を発揮します!
 上記で紹介しました窓からの空き巣などの侵入の際、ガラスを破るのに時間が掛かってしまい犯行を諦める可能性を高めるのに役に立つ商品です。

防滴型防犯ブザープチアラーム2 100db!


 光と大音量で知らせてくれる防犯ブザーです。ピンを引き抜くと100dbという超高音で大音量のアラームが鳴り響きます。
 こちらは雨にも強い商品となっておりますので、梅雨の時期でも安心して持つことができます!また豆ライトもついておりますので、雨で外がいつもより暗くなっている時でも足元を照らすことができるため、一石二鳥な商品です。

まとめ

 一ヶ月近く雨の日が続いてしまう梅雨の時期。自分自身や荷物などが濡れないようにということに注意を払いがちですが、周りのことにも意識を向けてしっかりと防犯対策をしていきましょう!

護身・防犯の専門ショップボディーガードへ


このページの一番上に戻る