防犯グッズ 2017.09.06

一人暮らしの女性必見!知っておきたい防犯対策・窓際対策グッズ

 皆さん一度は経験しておきたいと思う一人暮らし。しかし、今まで実家で暮らしていた時と違い自分自身で気をつけておかなければいけないことが様々あります。今回は一人暮らしで注意すること・防犯グッズなどを紹介していきたいと思います!

住居の選び方

 一人暮らしを始める前にはまず住まい決めから始まりますね。学校や職場から近いところ、買い物などが便利なところ…理想はいろいろとあるかと思いますが、やはり安全を考慮しないことには良い暮らしは出来ません。住まいを選ぶ際にはどんなところを注意しておきたいのか考えてみましょう。

1階や2階は避ける

 階が低いところに住むのは危険だとわかってはいても、やはり階段などを使う必要がないというのはとても魅力的なところです。ですが階が低いと窓を開けたままにしていたり、網戸の状態のまま寝てしまうと簡単に不審者に侵入されるという事態に陥ってしまいます。また、ベランダに干している洗濯物を盗まれてしまうということもあるかと思います。1・2階は便利だけども出来る限り避けておきたいですね。
 しかし、「私は3階より上の階に住んでいるから安心だ」ということもありません。エアコンの室外機や雨どいなどを使って侵入されたという被害もありますから、住まいを決める前には周囲に侵入経路がないかも確認しておく必要があります。

昼も夜もある程度人通りがあるか

 人通りが少ない所に住んでいると、不審者に襲われたりした際助けを呼ぶ声が届かず助けてもらうことが出来ません。また、周りに人がいないと目立ってしまうので、住居の特定も容易になります。人通りの多い所に住んでいれば不審者に襲われる可能性も低くなると思いますし、人の中に紛れて目立つことがないと思いますので安心です。
 また、昼の人通りの量などは物件の下見に行った際に確認はできるかと思いますが、夜に確認に行く人はあまりいないかと思います。不審者に遭遇する確率は夜のほうが高いかと思いますので夜の人通りの確認も必須です。

万が一襲われた場合、助けを呼べる場所がある

 もし不審者に襲われた場合、家に逃げたくなりますよね。しかし、それでは無事に逃げられたとしても相手に住居を特定されてしまい、次は家の前で待ち伏せされてしまうかもしれません。なので襲われたりした場合は、家に逃げるのは控えておいた方が良いでしょう。不審者から逃げるときは、交番やコンビニエンスストアなど人が必ずいるところを選ぶとのが最適です。生活の面でも便利だと思いますので一石二鳥ですね。

防犯対策

 住まい決めの注意を見てきたところで、次は住み始めてからの注意点です。せっかく苦労して決めたのに事件に巻き込まれたりしたのでは苦労が水の泡となってしまいます。日々生活していくなかではどんなことに気をつけておけばよいのでしょうか。

カーテンは女性らしいものにしない

 自分の部屋ですからインテリアなどおしゃれにしたいと多くの人が考えるかと思います。しかし、カーテンはあまりおしゃれなものにしてしまうと少し危険です。カーテンは外から見た時一番目に入るものですから、ピンク色などの明るい色や花柄のものなどにしておくと部屋に住んでいるのは女性だと悟られてしまいます。パッと見ただけでは女性か男性かわからない、落ち着いた色合いのものにしておくといいですね。

帰宅したらただいまの一言

 一人暮らしであると思われないために、家に誰もいなくても家族がいるかのように「ただいま!」と言う習慣をつけるといいでしょう。また、外出する際には「行ってきます!」と言えば空き巣犯などが近くに潜んでいたとしても、まだ人がいるのならば侵入できないと諦める可能性が高くなります。

短時間の外出でも鍵をかける

 ゴミ出しなどで近くまでちょっと外に出るだけ…と油断して家の鍵を施錠して行かない方も多いかと思います。しかし、短時間の外出でも危険なことが舞い込んでくるケースはたくさんあります。住宅侵入で最も多いのが無施錠によるものということなので、数分の外出でも鍵はしっかり閉めておく必要がありますね。

防犯グッズ

 いろいろな場面の防犯対策を考えてきたところで、次は自宅に備えておきたい防犯グッズを紹介したいと思います!侵入経路としてよく使われる窓に関するグッズです。

ガラス破り防止シート(1枚入り)


・ガラス破りを防ぐための防犯フィルムです。ガラスに貼るだけで、ガラスが割れにくくなり侵入が困難になるという商品です。

最近では窓が強化ガラスになっている住宅も増えてきているかもしれませんが、そうでない場合石など投げ込まれたりしてしまえば簡単に侵入されてしまいますのでこういった対策が必要になってくるのではないでしょうか。

マグネット開閉センサーアラーム 一体型

・アラーム本体とマグネットが離れることでアラームが鳴るマグネット検知タイプのアラームです。ドア(窓)と枠にそれぞれ本体とマグネットを設置します。

マグネットが離れている間は、スイッチをOFFにするか、電池が無くなるまで鳴り続けますので寝ている時に侵入者が来ても気づきやすいかと思います。設置も両面テープで取り付けることが出来ますので簡単です。

まとめ

 一人暮らしで注意しておきたいことや防犯グッズをみてきましたが、これはもちろん実家暮らしの方も実践して損はないと思います。しっかりと防犯対策をして安心な生活を送っていきたいですね!

護身・防犯の専門ショップボディーガードへ


このページの一番上に戻る